GeeksforGeeks

リアルタイムシステムは、指定されたタイミング制約内で応答が得られるか、またはシステムが指定された期限を満たリアルタイムシステムは、ハードとソフトの2つのタイプがあります。 両方とも異なる場合に使用されます。 ハードリアルタイムシステムは、ナノ秒またはマイクロ秒の遅延さえ許されない場所で使用されます。 ソフトリアルタイムシステムは、時間表現の緩和を提供します。

リアルタイムシステムの応用:
リアルタイムシステムは、技術の様々な分野で応用されています。 ここでは,リアルタイムシステムの重要な応用について論じた。

1. 産業用アプリケーション:
リアルタイムシステムは、現代の産業において広大で顕著な役割を果たしています。 システムは最高および正確な出力が得ることができるように基づく実時間になされる。 そのようなことのために、リアルタイムシステムは最大の産業組織で使用されています。 これらのシステムはより少ない時間のよりよい性能そして高い生産性をどうにかして導きます。 産業適用の例のいくつかは次のとおりです: 自動化された車の組立工場、化学製品工場等。

2. 医学の適用:
医学の分野では、実時間システムに人間の健康および処置の巨大な影響があります。 医学におけるリアルタイムシステムの導入により、多くの命が救われ、複雑な病気の治療はより簡単な方法になっています。 特別に医療に関連する人々は、今、これらのシステムのために、よりリラックスした感じ。 医学の適用の例のいくつかは次のとおりである:ロボット、MRIスキャン、放射線療法等。

3. 周辺機器アプリケーション:
リアルタイムシステムにより、大きなバナーなどの印刷が非常に簡単になりました。 これらのシステムが使用に入って来たら、技術の世界はより強くなった。 周辺機器は、様々な目的のために使用されています。 これらのシステムはマイクロ破片と埋め込まれ、望ましい応答を得るために正確に行う。 周辺機器の適用の例のいくつかは次のとおりである:レーザ-プリンタ、ファクシミリ、デジタルカメラ等。

4. 通信用途:
リアルタイムシステムは、短時間で接続できるように世界をマッピングします。 リアルタイムシステムは、インターネットを介して媒体を介して接続するために全世界を有効にしています。 これらのシステムは、人々が時間がないのお互いに接続し、一体感の本当の環境を感じさせる。 リアルタイムシステムの通信アプリケーションのいくつかの例は、ビデオ会議、携帯電話システムなどです。

5. 防衛用途:
原子世界の新しい時代には、防衛は危険な力を持ち、偉大な破壊能力を持つミサイルを生産することができます。 これらのシステムはすべてリアルタイムシステムであり、攻撃するシステムと防御するシステムを提供します。 実時間システムを使用して防衛の適用のいくつかは次のとおりである:ミサイル誘導システム、反ミサイルシステム、衛星ミサイルシステム等。

6. 航空宇宙アプリケーション:
リアルタイムシステムの最も強力な使用は、航空宇宙アプリケーションです。 基本的に堅い実時間システムは宇宙航空適用で使用されます。 ここでも、いくつかのナノ秒の遅延は許可されておらず、それが発生した場合、システムが失敗します。 航空宇宙におけるリアルタイムシステムの用途のいくつかは次のとおりです: 衛星能力別クラス編成制度、航空電子工学、飛行シミュレーション等。

注目の読者! 今の学習を停止しないでください。 学生に優しい価格でCS理論コースとのSDEインタビューのためのすべての重要なCS理論の概念を手に入れ、業界の準備ができてなります。

記事タグ:

練習タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。