Amlにおけるプラシノスタットとアザシチジンの併用の第3相試験中止

標準集中化学療法の対象とならない急性骨髄性白血病(AML)患者の治療として、アザシチジン(Vidaza)と併用したプラシノスタットの第3相臨床試験は、全生存(OS)の主要エンドポイント(OS)を満たすことができないため中止された。1

中止の決定は、独立したデータ監視委員会によって評価された中間分析データの影響を受けました。

この研究では、安全性に関する懸念ではなく、有効性の欠如が示された、と同社は発表した。 この組み合わせをさらに評価する結果に応じて、患者は他の臨床試験でpracinostatを受け続けることができるかもしれません。

経口ヒストン脱アセチラーゼ(HDAC)阻害剤であるPracinostatは、以前に75歳以上であるか、集中化学療法に適さない新たに診断されたAML患者の治療として、アザシチジンと組み合わせた孤児薬の指定を受けています。 組合せの養生法はまたこの徴候のためのFDAから進歩療法の指定を受け取りました。 欧州医薬品庁はまた、プラシノスタットとアザシチジンの組み合わせに孤児薬の指定を許可しています。

FDAからの指定は、2013年から2015年の間に集中化学療法の対象外であったAML患者50人を登録した血液で発表された第2相所見に基づいていました。 これらの患者は、新たに診断された疾患を有する少なくとも65歳であった。

研究の主なエンドポイントは、完全反応(CR)と不完全な血球回復を伴うCR(CRi)と形態学的白血病フリー状態(MLFS)でした。 二次エンドポイントには、OS、全体的な応答率、および応答の持続時間が含まれていました。 この研究における患者の年齢中央値は75歳(範囲、66-84)であり、32はde novo AMLを有し、12は二次AMLを有し、5は治療関連であった。 ベースライン骨髄芽球数の中央値は4 0%(範囲、2 0%〜8 9%)であった。 二十人の患者は、高リスクの細胞遺伝学を持っていた、28は中間リスクを持っていた、と2は未知のリスクを持っていた。

CR率は42%、CRi率は4%であった。 MLFS率は6%であった。 無増悪生存期間の中央値は12.6ヶ月(95%CI、10-17.7)であり、OSの中央値は19.1ヶ月(95%CI、10-26.5)であった。 1年間のOS率は62%であった。

この組み合わせは、グレード3以上の治療を誘発した-感染症(52%)、血小板減少症(46%)、および熱性好中球減少症(44%)を含む43人の患者(86%)における緊急有害事象。 30日全死因死亡率は2%であり、60日率は10%であった。

HDAC阻害剤は、他の様々な薬剤と組み合わせた高リスク骨髄異形成症候群の患者、アザシチジン、およびルキソリチニブ(Jakafi)と組み合わせた骨髄線維症の患者1

参照

1. Helsinn groupとMEI pharmaは、中間分析を完了した後、AMLのpracinostatによる第3相試験を中止しました。 ニュースリリース。 (株)メイファーマ 2020年7月2日。 2020年7月6日に発売された。 https://bit.ly/3goVCX0

2. Garcia-Manero G,Abaza Y,Takahashi K,et al. 新たに診断された急性骨髄性白血病の高齢患者におけるpracinostatプラスアザシチジン:第2相試験の結果。 血液が進む。 2019;3(4):508-519. 土井:10.1182/bloodadvances.2018027409

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。