遠位流出のDesoky hfのない患者のprofundoplastyによる肢のセービング、Zied SA、Karmota AG-Egypt J Surg

目次

元の記事

年式:2020|巻号:39|号:2|ページ : 313-316

遠位流出のない患者における深部形成術による四肢の節約
Hisham F Desoky,Samir A Zied,Ahmed G Karmota
Kasr Al Aini病院、カイロ大学医学部、カイロ、エジプト

提出日 22-Nov-2019
受け入れ日 23-Dec-2019
ウェブ公開日 27-Apr-2020

対応アドレス:
MD Hisham F Desoky
血管手術ユニット,医学部,カイロ大学,マニアルエルローダ,カイロ11562
エジプト
電子メールidにアクセスするためのログイン

支援元:なし,利益相反:なし

クロスリファレンス引用 チェック

ドイ:10.4103/ejs.Ejs_207_19

権限と権限

アブストラクト

背景慢性および急性の末梢血管疾患の管理における血管内介入の大きな進歩に伴い、オープン外科的介入の必要性は、過去十年間で著しく減少している;しかし、特定のケースでは、単純な外科的介入は、四肢の節約のための唯一の希望であり続けています。 本研究では、著者らは、”深底形成術”である最古の外科的血管処置の一つの効果のレビューを提示し、著者らは、足への遠位流出のない脅かされた四肢を提示した症例におけるその役割と転帰に焦点を当てた。
患者と方法これは、四肢のサルベージを終点とするKasr Al Ainiの血管外科部門において、2016年から2018年にかけて、遠位流出のない脅かされた四肢を提示し、単離された深根形成術または他の手技と組み合わせて管理した18例について実施されたレトロスペクティブ研究である。
結果研究には、18歳の平均年齢50歳の男性患者が含まれていました20脅かされた手足を提示しました: 10人の患者は、クラス4と6の間のラザフォード分類に従って分類された重大な四肢虚血を提示し、10遅延急性四肢虚血カテゴリー IIb(両側下肢愛情を提示された二人の患者)を有する八人の患者。 技術的な成功は100%であり、重大な四肢虚血の二つのケースは、90%の四肢サルベージ率で、片側膝下切断で終わった。
結論深部形成術は、急性または慢性のいずれかの下肢虚血の管理において非常に有効な手順であり、特に他の選択肢を行うことができず、症例が絶望的であると思われる場合には、依然として非常に有効な手順である。

キーワード:遠位流出なし、深部形成術、脅かされた四肢

この記事を引用する方法:
Desoky HF、Zied SA、Karmota AG。 遠位流出無しの患者のprofundoplastyによる肢のセービング。 エジプトJ Surg2020;39:313-6

このURLを引用する方法:
Desoky HF、Zied SA、Karmota AG。 遠位流出無しの患者のprofundoplastyによる肢のセービング。 エジプトJ Surg2020;39:313-6. から入手可能: http://www.ejs.eg.net/text.asp?2020/39/2/313/283185

はじめに トップ

大腿深部動脈(PFA)は,特に閉塞した表在性大腿動脈(SFA)の場合には,腸骨動脈と大腿動脈と脚動脈との間の重要な担保である。
深部形成術は、1961年以来確立されている血管手技であり、大腿骨形成バイパスが不可能な場合に代替手技として使用することができる。
しかしながら、この手順の必要性は、血管内技術とバイパス手術の進歩のために過去二十年にわたって著しく死亡しているが、本研究のように、いくつかのケースでは依然として示されている。
深部形成術は、単離された手順として、または他の手順と組み合わせて行うことができ、近位(第二の穿孔器に)または拡張(第二の穿孔器を超えて)するこ

患者および方法 トップ

患者
これは、四肢のサルベージを終点とするKasr Al Ainiの血管外科部門で、2016年から2018年の間に、深部形成術で分離または他の手技と組み合わせて管理された20の脅かされた四肢を提示した18人の平均年齢50歳の男性患者を含むレトロスペクティブ研究である。
倫理委員会からの承認を得、すべての患者は可能性のあるリスクを認めた後、介入の同意を得た。
足への遠位流出を伴わない急性または慢性虚血による四肢の脅かされた患者のみが、このような場合には大腿動脈血バイパスおよび血管内介入が役割を果たさないため、本研究に含まれた。
脅かされた四肢は、主要な切断の発生率が高い虚血性四肢として私たちのグループによって定義されています。
患者は次のように二つのグループに分けられました:

  1. グループA: ラザフォード分類によると、慢性虚血、カテゴリー IIbの上に遅延急性の10下肢を提示した。
  2. グループB:rutherford分類による重症四肢虚血(CLI)クラス4〜6を提示した10人の患者。

術前準備
提示時に、すべての患者は以下で評価されました: 詳しい歴史の取得および完全な臨床検査、ティッシュの損失の存在に加えて周辺脈動の査定を用いる一般的なかローカル検査、モーター力および感覚、色およ
コンピュータ断層撮影血管造影(CTA)を用いた実験室および放射線学的評価を行った。
所見、計画、および手順
グループA患者
二人の患者は、ふくらはぎの両側間欠跛行の過去の歴史を持つ両側遅延急性下肢虚血を提示しました。 検査では両側大腿部パルスはなく,CTAは両側大腿部分岐まで遠位大動脈血栓症を示し,両側SFA閉塞を認め,足まで遠位流出はなかった。 これらの患者は両側拡張深底形成術に加えて遠位閉塞による遠位血栓切除が失敗した良好な流入を有するまで両側大腿血栓塞栓術によって近位に管理された。
他の六つの患者は、鼠径部に触知可能な大腿パルスと血栓化大腿板バイパス移植後に片側遅延急性下肢虚血を提示し、CTAは遠位流出のない完全なSFA閉塞を示し、すべてのケースは、大腿暴露と単離された拡張深根形成術で管理されました。
B群患者
安静時疼痛を呈した患者(クラス4)、足の背側に非治癒性潰瘍を呈した患者(クラス5)、足指壊疽を呈した患者(クラス6); 六つの患者のCTAは、遠位流出と特許PFAと完全なSFA閉塞を示し、単離された拡張深底形成術で管理し、クラス5の二人の患者は、特許共通大腿動脈(CFA)と特許共通大腿動脈(CFA)とsfa閉塞とpfaとの一般的な外腸骨動脈の組み合わせた長い閉塞を持っていた遠位流出と特許pfaと拡張深底形成術と左腋窩大腿バイパスによって管理されていました。 クラス6の二人の患者は、p2レベルから始まる膝窩閉塞を提示し、pfaの遠位流出および近位狭窄を有し、単離された深底形成術で管理された。

テクニック
深根形成術は、前大腿動脈露出を介して行われました,その後、第二の穿孔器を超えてPFAの露出,その後、PFAの第二の穿孔器を超えてcfaから始
術後ケアとフォローアップ
すべての患者は、術後の抗凝固を一週間続けた後、6ヶ月間二重抗血小板剤で排出され、その後、低用量アスピリンを永遠に、3ヶ月ごとに1年間のフォローアップを伴う歩行の定期的な毎日の運動プログラムを継続した。

結果 トップ

24ヶ月以内に、18人の脅かされた手足を持つ20人の患者は、それらのほとんどのCTA所見が主要な四肢切断の発生率が高い足への遠位流出のないSFA閉塞を共有しているため、他の介入オプションは価値がないように見えたときに、良好な結果を有する拡張深根形成術で管理された。
慢性下肢虚血カテゴリー IIbの上に遅延急性を提示した八(44.5%)患者、および10(55.5%)患者はCLIクラス4-6を提示しました。
本研究のエンドポイントは、最初の年の90%を占める四肢のサルベージであり、以下の詳細が含まれています。
グループA患者は、術後翌日に良好な毛細血管補充と暖かい足と痛みの消失を伴う症状の顕著な改善を示し、継続的な運動プログラムと抗血小板
B群患者では、クラス4患者は毛細血管補充と温度が良好で安静痛の著しい改善を示し、クラス5患者は3ヶ月にわたって潰瘍の緩やかな治癒を示したのに対し、クラス6患者は10日以内に縫合線が治癒した膝下切断(BKA)で終了し、そのうちの一つは急性心筋梗塞を発症し、ICUで死亡した。

議論 トップ

Profundoplastyは周辺revascularizationのための確立された管のプロシージャですが、貢献はendovascular技術およびバイパス接木の大きい進歩のために今日著しく減ります。 しかしながら、Totolici e t a l. 血管内介入が失敗し、伏在静脈が存在しないか、または拡張処置のための好ましくない一般的な条件のために大腿骨形成バイパスが不可能な場合に使用することができ、これは我々の研究とは対照的である。
pfaは大腿部の主動脈供給であり、SFA閉塞の場合の脚と足への主動脈供給であるため、このような場合、その幹はCFAとPFAの枝の側副循環との間の≥50%の狭窄を表しているため、このような場合には、遠位pfaの著しい狭窄がなくても、遠位脚と足への側副回路を介して血液流入と圧力を増加させることを目的とした深底形成術を行うことができる。 . これは、深部形成術の有効性を確実にするために近位PFA狭窄の存在を規定する他の文献とは対照的である。
我々の研究では、良好な遠位流出がなくても、深部形成術は遠位側副鼻腔への血流を増加させるのに有効であり、遠位血管再生に有効であることを証明した。
深部形成術は、近位または拡張することができる。 本研究では,急性および慢性虚血の症状の改善に有効であることを証明したすべての症例において拡張深底形成術を行い,teによって信じられているように脅かされた四肢に対する四肢サルベージの発生率が高かった。 デイビッドとアド 彼らの研究でDrezner。
CLIにおける深底形成術の結果は、jamil et al.の結果のように、安静時の痛みおよび潰瘍などの軽度の組織損失を有する患者では良好であったが、壊疽を有する患者では良好であった。 . しかし、我々は、深発形成術では、Cnotliwyらの結果と一致するBKAへの切断レベルを下げることに成功したと信じていた。 彼らの研究で。深底形成術は、我々の研究のように、高リスク患者における死亡率が低い安全で短い手順であり、これはWitzらによって言及されたものと同様に5%であった。 .

結論 トップ

深部形成術は,血管内介入および大腿骨形成バイパスが不可能になったときの急性および慢性の四肢虚血における四肢の血管再生のための非常に有効な手順である。
遠位流出がない場合は切断決定を急ぐべきではなく、PFAの有意な狭窄がない場合でも、患者に深底形成術を行う機会を与えるべきである。
深部形成術は合併症の割合が低い安全で短い手技であるため、特に他の介入手技では絶望的と思われる場合には、少なくとも膝上切断術に比べて死亡率が低いbkaへの切断レベルを下げることができるため、四肢の節約のために躊躇せずに行うべきである。
財政支援とスポンサーシップ
Nil.
利益相反
利益相反はありません。

トップ

モリスG、エドワーズN、クーリー DA、クロフォードS、デベイキーミー。 大腿動脈深部の外科的重要性。 アーチ・サーガ1961;82:32-37。 引用文に戻る. 1
Van der Plas JP,van Dijk J,Tordoir JHM. 重大な肢の虚血の隔離されたprofundoplasty−まだ使用のか。 Eur J Vasc Surg1993;7:54-58。 引用文に戻る 2
ハーワードTRS、ベルガンJJ、ヤオJST。 一次深部形成術の終焉。 Am J Surg1988;156:126-129. 引用文に戻る. 3
Adam DJ,Beard JD,Cleveland T.脚の重度の虚血症におけるバイパス対血管形成術(バジル):マルチセンター,ランダム化比較試験. Lancet2005;366:1925-1934。 引用文に戻る. 4
Totolici B,Alexa M,Ciurdariu D. Profundoplasty-遠位revascularizationのための解決、Jurnal Med Aradean2010;XIII:67-70。 引用文に戻る. 5
カルマンPG. プロファンドプラスチック:単離されたおよび補助的なアプリケーション。 ポジションはミッドフィールダー、RB。 血管外科。 ペンシルベニア州フィラデルフィア:WBサンダース社、2005年。 1:1174–1180. 引用文に戻る. 6
Sladen JG、バージェスJJ。 深さ:期待と不吉な兆候。 Am J Surg1980;140:242-245. 引用文に戻る 7
David TE,Drezner AD. 肢の救助のための延長profundoplasty。 手術1978;84(6):758-763. 引用文に戻る. 8
Jamil Z、Hobson RW、Lynch TG、Yeager RA、Padberg FT、Lee BC et al. 四肢のサルベージのための大腿動脈深部の血管再建。 Am Surg1984;50:109-111. 引用文に戻る. 9
Contliwy M,Szumilowicz J,Safranow K,Petriczko W,Wiernick I,Gutowski P. 重要な四肢虚血における切断のレベルを低下させる試みにおける単離された深部形成術の役割。 ポーランドJ Surg2007;79:773-778. ドイ:10.2478/v10035-007-0119-2 引用文に戻る. 10
ヴィッツM、シュナッカー A、リーマンJM。 高齢者の四肢サルベージのためのendarterectomised表在大腿動脈を使用して分離された大腿骨深部形成術。 ミネルバCardioangiol2000;48:451-454. 引用文に戻る. 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。