[脳室周囲白質軟化症の超音波診断]

脳室周囲白質軟化症(PVL)は、乳児の低酸素性脳損傷の最も一般的な形態である。 PVLでは、通常、仮死または低酸素症の先行病歴がある。 これは側脳室のまわりの頭脳の領域、幹線供給間のボーダー地帯にあるので特に傷つきやすい区域への低酸素虚血の損傷で起因します。 PVLは、通常、脳超音波スキャン上の前部および後部脳室周囲領域におけるエコーセンス異質フレアとして最初に認識される。 これは、新生児に見られる典型的なハローと明確に区別されなければならない。 偽嚢胞性脳室周囲病変の形成は、典型的には2週間後に見られる。 その後、PVLは、不規則な壁を伴う心室の非対称性または脳萎縮によって特徴付けられる。 年齢特異的な神経学的超音波所見は、PVL患者ではめったに見られない。 PVLのこれらの個々の発達段階が超音波スキャンによって常に見つけることができないので診断のための次の規準は推薦されます:頭脳の超音波ス 多数および厚い壁、最初に非伝達し合う脳室周囲のpseudocysts。 不規則でぼやけた心室壁を有する心室の持続的な典型的な非対称拡張。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。