脳出血による純粋な感覚性脳卒中:患者における臨床-放射線学的相関

ディスカッション

MRイメージングは、患者1の症状の発症から12日後、患者2の症状の発症から1ヶ月後、患者3の症状の発症から2週間後、患者4の症状の発症から10日後、患者5の症状の発症から8日後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後、患者6の症状の発症から1ヶ月後。患者の症状の発症7. いくつかのケースでは、これは提示された臨床事象の数週間後であった。 しかし、入院(1日目)では、すべての患者がCTを受け、MR病変に対応する限局性出血を示した。 遅延M r画像に見られる出血は,最初に虚血性梗塞であったものの出血性変換を遅延させなかった。

Fisher(10)は、PSSの症例では客観的な感覚障害が軽度であり、慎重な神経学的検査では感覚がかすかに減少しただけであることを報告した。 ここで考えられた七つの患者は、主に知覚異常および感覚異常などの主観的な感覚苦情、およびピンピック、温度、振動、および位置感覚を含む様々な客観的な感覚障害を示した。 これらのPSS患者では,橋および視床病変による感覚異常は他の部位の病変に起因するものよりも重症で難治性であった。 患者2では、視床出血によって引き起こされるPSSを持つ64歳の女性では、客観的な感覚障害は徐々に改善したが、睡眠障害を引き起こすのに十分な重篤な難治性感覚異常は、様々な薬物による治療にもかかわらず、体の左半分(特に顔の左側と左肘の左側)にわたって6年間残った。

橋病変によるPSSにおける感覚欠損の第二の特徴は、表在性および深部感覚障害の間の不一致である。 橋病変によって引き起こされるPSSの患者では、病変は内側レムニスカスと腹側三叉神経路を含み、前脊髄神経路と外側脊髄神経路を温存した(図2)。 橋PSSでは,振動と位置の知覚(内側lemniscalモダリティ)は知覚側で減少したが,ピンプリックと温度(スピノタラミックモダリティ)は正常に知覚された。 対照的に、非橋PSS(視床、内部嚢、および皮質病変)は、spinothalamicと内側lemniscalモダリティの両方の軽度の感覚欠損を示した。

視床PSSでは、すべての病変が腹側後外側(VPL)核または腹側後内側(VPM)核に関与していた(図2)。 下肢および上肢および胴からの上行線維はVPL核で終端し,顔面からの三叉神経線維はVPM核で終端する。 したがって、視床cheiro-oral症候群の病変は、VPLとVPM核の間の境界領域に位置していた(図2、右上のパネル)。

Cheiro-oral症候群は、時にはcrural成分を含むが、橋PSS(患者4および5)にも存在した。 脳幹cheiro-oral症候群の原因となる病変は、上肢および下肢に関して体性的に組織化された内側レムニスカスを含むと考えられている(11、12)。 このパターンは内側から外側paramedian橋被蓋に延びている;上肢からのものは内側に位置しているのに対し、下肢からの上昇繊維は、横方向に位置しています。 顔からepicritic感覚を送信する腹側三叉神経管は、内側に位置し、これらの繊維(に背側である12)。 橋の内側レムニスカスと腹側三叉神経路の両方を含む病変は、橋cheiro-oral(-crural)症候群を引き起こす可能性があります。

pontine cheiro-oral-crural症候群を示した患者4および5では、知覚異常は口と唇の両方の角に関与していた。 口についての両側の関与のための臨床的解剖学的根拠は不明である。 松本ら(13)は、二つの可能性を示唆した: 急性期の血腫は,口からの二次感覚線維が反対側に最も近い対側内側レムニスカスの内側部分を一過性に損なう可能性があること,背側三叉神経路の未交差線維と内側レムニスカスの内側部分が脳幹に同側に関与している可能性があることを示した。 いずれにしても、両側の口腔関与は、橋cheiro-oral(-crural)症候群の特徴である。

皮質病変によって引き起こされるPSSの報告は非常にまれであり(8、9)、特にcheiro-oral症候群を記述する報告は非常にまれである(14、15)。 皮質病変によって引き起こされるPSSにおける感覚欠損の特徴には、異常な立体認識および知覚が含まれる。 感覚側の四肢の姿勢が異常であり,手の不器用さを示した。

最後に、Kim(9)は、lenticulocapsularまたはcorona radiata脳卒中によって引き起こされるPSS患者を説明しました。 その報告では、症状はおそらく内部嚢とコロナ放射における視床皮質投影の関与によるものであった。

我々が示したように、PSSを引き起こす出血の正確な位置は、局所的な解剖学的特異性を反映する臨床像にかなり独特の痕跡を残す。 MRイメージングは、これらの関係をよりよく理解するために多くの貢献をしてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。