職場における人種差別:昇進と昇給のために渡された

あなたが高度に専門化された仕事を持っているからといって、そこで働いている間に体系的な人種差別とそれに症候するすべての不正の影響を受けないということを意味するものではありません。 大学で働くことを熱望する人々は、アイデアが自分自身のために話す牧歌的な場所としてそれらを想像するかもしれませんが、大学には人種差別があり、他のどこにでも人種差別があるのと同じように、人種差別があります。 雇用者による人種差別は、人事の従業員と検索委員会がアプリケーションの見直しを開始したときに始まり、それは毎日続けています。 アフリカ系アメリカ人やその他の色の人々は、しばしば軽視され、過小評価され、白人の同僚の側で公然とひそかに人種差別的な言動を受けています。 あなたの仕事場の管理に話すことは通常問題を解決しない;それはさらにもっと敵の仕事の環境のために作る報復をもたらすことができる。 雇用差別訴訟は、あなたがあなたのレースのために仕事で虐待されている場合は、あなたに利用可能な救済策です。

黒人従業員は、ラトガース大学が差別に対する法律に違反していると主張している

ベリーズから米国に移住した黒人女性Eleanor Bullockは、シラキュース大学で学士号を取得して卒業した直後の1998年にラトガース大学の調達部門でアシスタントバイヤーとして働き始めた。 2003年に、彼女はバイヤーの位置に昇進しました。 その時以来、彼女は二つの修士号を取得しています; 彼女はラトガースでさらなる昇進を申請しているが、彼女は常にそれらを拒否されています。 一方、大学は、ブロックが適用され、彼女が資格を持っているポジションを埋めるために白人の男性と女性を雇っています。 彼女は彼女の適用のための形態の手紙の拒絶の電子メールを受け取り、彼女が選ばれなかったなぜ彼女が上級管理に尋ねた時はいつでも、決して応答

Bullockの現在の役職はカテゴリアナリストであり、彼女はより上級従業員の責任を割り当てられ、これらの責任を成功裏に果たしていますが、何年も昇給を受けていません。 大学の広報担当者は、ブロックの現在の給与は年間just67,000をわずかに上回っているが、彼女の収入履歴についてはコメントしていないと述べた。

2020年初頭、ブロックは人種差別のためにラトガース大学とその調達部門に対して訴訟を提起した。 訴訟は、彼女が喜んで白人の従業員の指導者として行動した管理者から制度的支援や指導を受けたことがないと主張している。 彼女は、遡及的に適用される必要な昇給と補償的損害賠償を伴う彼女の”正しい地位”の回復を要求している。

正義を求め、雇用主に体系的な人種差別について説明するように電話してください

体系的な人種差別はそれだけでは消えません。 彼らはあなたの彼らの虐待が人種的に動機づけられていなかったと主張している場合でも、人種差別的な政策や行動の責任雇用者を保持すること 雇用差別弁護士は、この目標に向かってあなたと一緒に動作します。 McOmber McOmber&Luber in Red Bank,New Jerseyにお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。