純粋なモーターストローク

要約

我々は、その最初の脳卒中が単離された片麻痺によって明らかにされた255人の患者における弱さ、ストロークタイプ、地形、およ 彼らは連続して入院した脳卒中患者の14%を代表していた。 弱さの分布は、顔、上肢、および下肢(FUL)(50%)、顔および上肢(FU)(29%)、上肢(U)(10%)、および上肢および下肢(UL)(9%)であった。 患者の二十から九パーセントは、ローカライズ値のない構音障害を持っていました。 患者の半分未満は深い梗塞を有し、三分の一は心臓または大動脈からの潜在的な塞栓源を有していた。 ロジスティック回帰分析は、高血圧の病歴と弱さの分布のタイプが病変の局在を占める主な要因であることを示した:FUL分布と高血圧の患者は90%の深部梗塞の確率を有していた;ful分布を有するが、高血圧またはUL分布と高血圧のいずれかの患者は、それぞれ70%の深部梗塞の確率を有していた。 純粋な運動単麻痺は深い梗塞によってほとんど引き起こされなかった。 純粋な運動脳卒中に対するラクナ病因の仮定は,FUL関与を有する患者にのみ適用されるべきであることを示唆した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。