石英アレナイト:レビューと解釈

石英アレナイト(オルソクォーツ)は例外的な砂である(Pettijohn et al.,1972),過去に,広範かつ一般的に厚い地層を形成しています。. 彼らは現時点では形成されていないように見えるという点でやや謎めいています。 石英が豊富な砂の起源を調べ,それらが発見された環境の範囲を文書化し,それらの起源のモデルを示唆した。

石英砂は、花崗岩などの粗粒の石英を含む岩石の熱帯風化によって最も一般的に形成されます。 それは湿気のある気候の下でtexturally未熟な河川の砂岩として、一般に沈殿するかもしれません。 気候の乾燥により、石英が豊富なボーキサイト質の土壌と砂の沖積は、主要な砂漠のための不十分な丸みを帯びた砂丘砂の実質的な供給源となり得る。 石英砂は、浅い海洋環境に輸送されると、潮流によって再加工することによって非常によく丸みを帯びたものになります。 このような砂は深い海洋環境に流出する可能性があり、堆積物または地殻輸送によって安定した構造的環境と活発な構造的環境の両方で休息する 石英が豊富な砂岩は、未熟な砂岩の不安定な骨組粒の続成破壊によっても形成することができる。

先カンブリア時代のオルソクォーツは、若い例と比較すると一般的に厚く、広く普及しています。 ポストSilurian石英アレナイトの薄さは,風化プロファイル中の有機酸による土地植生と石英の溶液の捕捉効果によるものと考えられる。 初期の古生代と白亜紀には浅い海洋と河川の石英アレナイトが豊富にあり、これは広範囲の大陸の洪水と超大陸の崩壊に続く湿気の多い世界の気候によるものである。 浅い海洋の例は、一般的に瀝青、時にはリン酸頁岩、緑内障石、おそらくチャモサイト鉄鉱と関連しています。 ペルモ-三畳紀には豊富なエオリアクォーツアレンナイトが存在する。 これはパンゲア超大陸の形成期に広範囲にわたる乾燥した大陸性気候に関連している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。