深部静脈血栓症の再疎通率に影響を及ぼす要因

目的:深部静脈血栓症(DVT)の急性エピソードの後、静脈血栓の解 しかし、完全な再疎通は、患者の約半分でのみ起こる。 したがって、この疾患は、血栓後症候群のような異なる後遺症を伴う。 血栓の溶解に寄与する因子は、十分に理解されていないままである。 したがって、我々の研究の目的は、循環炎症マーカーと線溶パラメータ、性別、および血栓閉塞の程度のような他の要因のレベルが再疎通率に関連しているかど

方法:この研究には、疾患の安定期(診断後4-6ヶ月)に特発性DVTを有する49人の患者が含まれていた。 すべての患者は、アテローム性動脈硬化症の危険因子の存在について評価した。 二重超音波を使用して、患者は、疾患の急性期(治療開始前)および観察期間の終わり(4-6ヶ月後)に検査された。 それぞれの影響を受けた静脈セグメントは、完全に再疎通、部分的に閉塞、または完全に閉塞したと分類された。 線維素溶解活性および循環炎症マーカーの実験室分析のために血液を採取した。

結果:完全再疎通は、近位静脈血栓症よりも遠位(膝窩)でより頻繁に発生した(57%対43%、P≤0。01)、および再疎通率はより延長された血栓症(高められた血栓の負荷)の患者でより低かったです。 再疎通率(部分的および全体)は、男性よりも女性で高かった:87%対73%、P=<0.05。 アテローム性動脈硬化症の危険因子は閉塞した深部静脈の再疎通速度に影響を及ぼさなかった。 内因性線維素溶解マーカーのうち、t-PA活性のみが再疎通率に有意に関連していた。 再疎通はいくつかの循環サイトカインに関連していることが示された。 炎症マーカーと依存変数として深部静脈の再疎通を含む多変量解析は、IL-6とP-セレクチンが再疎通率の唯一の統計的に有意な独立した予測因子であ

結論:我々の研究の結果は、閉塞した静脈のDVT完全再疎通の急性エピソードの4-6ヶ月後に約50%で発生したことを示しています。 再疎通率は、静脈血栓症の程度に関連しており、近位閉塞では低く、男性よりも女性で高い。 増加したcytokineのレベルおよび減らされたt-PAの活動のrecanalisationの患者でより少なく本当らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。