心電図上のSTセグメント上昇:Brugada症候群の心電図パターン

診断基準

Brugada症候群の3つのECGバリアントまでが記載されているが、主な1型は右前胸部リードにおけるSTセグメント上昇と関連している。 それは通常、下降するSTセグメントを持つJ点の標高であり、STの標高は通常、v4からV6へのリードに向かって先細りになります。 ST上昇の他の原因と区別するのに役立つ追加の機能は次のとおりです: 関連するT波反転、相互STうつ病の欠如、擬似RBBBパターン、および正常なQTc。 タイプ2に肯定的なか二相性のT波に先行している≤1つのmm STの高度を表示するたらいに先行している≤2つのmmの高い離陸ST区分の高度のサ タイプ3に<1つのmmおよび肯定的なTの波のST区分の高度が付いているサドルバックかcoved出現がある。 タイプ2およびタイプ3のBrugadaパターンは診断考慮されるには十分に特定ではないです。 Brugadaパターンは動的ECGの発見であり、12鉛ECGで常に現われないかもしれません。 この障害はナトリウムチャネル障害であるため、通常はナトリウムチャネル遮断薬によって再現される。 Procainamideの挑戦テストが診断を確立するのに使用されています;但しこのテストはタイプ1Brugadaパターンが12鉛ECGにあれば要求されません。

Brugada症候群は遺伝性疾患であるため、失神、VTまたはSCDの完全な家族歴を得ることが重要です。 SCNA5突然変異のための患者そして家族両方の遺伝子検査は推薦されます。 Brugadaシンドロームの診断を確立するためには患者はタイプ1のBrugada ECGパターンと示すべきである(procainamideの挑戦の有無にかかわらず)および次の規準の少なくとも1:SCDの家族歴またはタイプ1のBrugada ECGの変更の家族歴;文書化されたVTかVF;電気生理学の調査(EPS)のVTのinducibility;失神か夜間のagonal呼吸。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。