宇宙から見た極地中層雲の形態

2007年4月に打ち上げられた中間圏氷空観測ミッション(AIM)は、北半球と南半球の5つの季節の観測を完了しました。 AIMに搭載されている装置の1つであるCloud Imaging and Particle Size(CIPS)実験は、これまでの宇宙ベースの観測と比較して、いくつかの興味深い雲構造をより詳細に、また地上ベースの観測から一般的に見られるよりも大きなスケールで明らかにする、宇宙からの極圏中層雲(PMCs)の高解像度画像を生成します。 宇宙から見たPMC構造の最初の分類を示した。 ベール、バンド、および渦巻き(夜光雲(NLCs)の地上観測で同定されたタイプI、II、およびIV構造)から離れて、我々はまた、”空隙”、”氷のリング”、”前線”、および”渦のような構造”とし これらの構造は、地上ベースのNLC画像で観察された同様の構造と比較してスケールが大きい。 これらの宇宙ベースのPMC画像における特定された特徴のいくつかの構造的類似性は、対流圏雲および冬の中間圏大気光画像で見られるものと同様の、重力波、対流不安定性、ケルビン-ヘルムホルツ不安定性、乱流など)夏の中間圏に影響を与える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。