圧力スイング吸着(PSA)-水素精製

空気Liquideからの圧力スイング吸着(PSA)エンジニアリング&建設は、水素が豊富な この技術は、圧力下でガスを分離するためにガスの吸着特性の違いに依存しており、非常に純粋な水素を生産する効果的な方法です。

自動プロセス

PSA用の供給ガスは、蒸気メタン改質、部分酸化、極低温精製、メタノールプラントパージガス、エチレンオフガス、スチレンオフガス、ガス化およ

PSAプロセスでは、供給圧力に近い圧力で水素を回収-精製し、圧力を下げることにより吸着した不純物を除去します。 不純物を含んでいるPSAの尾ガスは尾ガスの圧縮機なしで燃料装置にそれから送り返すことができます。 プロセス全体が自動化されています。

Air Liquide Engineering&Constructionは、市場で最も先進的な吸着剤を使用し、回収率と生産性率に最適化された特許サイクルを使用しています。 単位は屋外および無人操作のためになされ、密集した、十分にスキッド取付けられるように設計されている。

利点

  • は純度99.9999%までの水素を生成します
  • オンストリームファクターは、通常99以上です。9%
  • いろいろ供給のガスと作動します
  • 特徴特許を取られた周期および高度の吸着剤
  • 無人の、屋外の使用のために設計されている
  • 単位は密集し、スキッド取付けられています

キー数値

  • 容量:5 000から200 000正常な立方メートル1時間あたり(Nm3/h)
  • h2回収率:60~90%
  • ターンダウン:以下のように低い25%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。