光散乱検出器の定性的および定量的特性の研究

光散乱検出器の設計および構築に対する多くの技術的改善が報告されている。 それらは検出限界の一桁以上の改善で起因した。 したがって、検出器は、後者が最適な環境条件下で使用される場合、屈折率検出器よりもわずかに敏感になっている。 検出限界はカラム出口の溶離液のおよそ1ppmであるが、探知器は物理的な環境の変更に非常に無反応に残る:バター脂肪およびタラ肝油の複雑なサ

本装置で観測されたノイズは、主に光電子増倍管によるものであるが、場合によっては、使用された溶媒の不揮発性含有量による寄与が観察されている。 それは溶媒バッチに依存し、使用前に溶媒を蒸留および濾過することによってある程度減少させることができる。

試料の単位質量当たりの検出器応答は、少なくとも特定の化学群に属し、液体として凝縮する化合物についてはほぼ一定であるが、線形ではない。 定量分析のためのデータの取り扱いがどのように容易に達成できるかを示した。 検出器を用いて行われた多数の解析を報告した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。