ルート再配布-パート1

ccie r/s ccnp r/s Sep25, 2018

ルート再配布の概要

それらをすべて支配するルーティングプロトコルが一つになるまでは、同じネットワーク上に複数のルーティングプロトコルが平和的に共存する必要があります。 おそらく、会社AはOSPFを実行し、会社BはEIGRPを実行し、2つの会社が合併します。 新しく統合されたITスタッフが使用する標準のルーティングプロトコルに同意するまで(そうする場合)、OSPFに知られているルートをEIGRPを実行しているネ

このようなシナリオは、ルートの再配布のおかげで可能であり、それがこのブログ記事の焦点です。 ルートの再配布を実行する必要があるその他の理由には、会社のネットワークの異なる部分が異なる管理制御下にある、BGP経由でサービスプロバイダーにルート 次の基本的なトポロジを考えてみましょう。

上記の単純なトポロジでは、OSPFとEIGRPが知っているルートを互いにアドバタイズするようにしています。 この概念は相互ルート再分配と呼ばれます。 ルータR2にはOSPF自律システム(AS)に1つのインターフェイスがあり、EIGRP ASに1つのインターフェイスがあるため、ルート再配布を実行する責任があります。

Seed Metrics

異なるルーティングプロトコル間でルートを再配布するときに遭遇する主な課題は、ルーティングプロトコルがメトリックを測定するために使 たとえば、OSPFは帯域幅に基づいたコストのメトリックを使用し、EIGRPはデフォルトで帯域幅と遅延に基づいたメトリックを使用しますが、信頼性や負荷を考慮する場合もあります(さらには最大伝送ユニットMTU値をタイブレーカーとして使用する場合もあります)。 問題は、そのシナリオでは、2つの通貨の関係を記述する比率があるため、2つの国の間で通貨を変換するようなものほど単純ではありません。 しかし、ルート再配布では、そのような関係は存在しません。 それでどうする?

私たちは、管理者として、別のASに再配布されているあるASから入ってくるルートに割り当てられたメトリックを設定することができます。 ルートの再配布に使用するメトリックを手動で設定することを気にしない場合は、シードメトリックが使用されます。 次の表は、さまざまなルーティングプロトコルで使用されるシードメトリクスを示しています。

ルーティングプロトコル

デフォルトのシード指標

RIP

インフィニティ

EIGRP

インフィニティ

OSPF

20 (または、BGPルートを再配布する場合は1)

BGP

IGPメトリック値を使用します

上記の表に基づいて、デフォルトでは、OSPFに再配布されたルートには、OSPFに再配布されたルートが割り当てられていることがわかります。 ルートがBGPからOSPFに再配布されている場合を除き、ルートにはメトリック値1が割り当てられます。 興味深いことに、RIPとEIGRPの両方には無限大のデフォルトのシードメトリックがあり、これらのルーティングプロトコルに再配布されたルートは、デフォルトでは到達不能とみなされるため、他のルータにはアドバタイズされません。 ただし、BGPは、そのルートの元のメトリックを使用して、interior gateway protocol(IGP)から学習されたルートを再配布します。

基本設定例

確かに、ルートの再配布に関しては、複数のルータが自律システムを相互接続しているときに発生する可能性のあるルーティングループや、特定のルートが再配布されないように選択的にフィルタリングする方法など、考慮すべきことがたくさんありますが、今後のブログ記事ですべてを説明します。 ここでは、基本的なルート再配布設定を実行する方法を理解してみましょう。 今回はネットワークとインターフェイスの情報を追加して、前のトポロジを考えてみましょう:

このトポロジでは、ルータR2は、R2で発行されたshow ip routeコマンドからの次の出力に示すように、OSPF経由でR1とEIGRP経由でR3からのルートを学習してい:

ただし、router R2はまだルート再配布を実行していないため、router R1もrouter R3もルートを学習していません。 これは、r1およびR3で発行されたshow ip routeコマンドの出力で証明されています:

次に、ルータR2にルート再配布設定を追加しましょう。 EIGRPに再配布されたルートのシードメトリックが無限大であるという以前の声明を強化するために、最初はメトリックを設定せず、シードメトリックを有効にします。

redistributeコマンドは、各ルーティングプロトコルのルータ設定モードで発行され、メトリックは指定されませんでした。 また、上記のredistribute eigrp1コマンドを入力したときに、コマンドにsubnetsキーワードを含めなかったため、classfulネットワークとclassfulessネットワークの両方がOSPFに再配布されます。 しかし、以下の出力に見られるように、subnetsキーワードは自動的に追加されました:

subnetsキーワードを自動的に追加するこの動作は、最近のバージョンのCisco IOSでは見られますが、一部の古いバージョンのCisco IOSではsubnetsキーワードが自動的には含まれな

ルータR1とR3のIPルーティングテーブルを見て、どのルートを学習したか(および学習していないか)を見てみましょう。

上記の出力は、ルータR2がEIGRPに知られているルートをOSPFに正常に再配布し、ルータR1によって学習されたことを示しています。 ルータR1に知られている再配布されたルートにospfのシードメトリックである20のメトリックがあることに注目して下さい。 しかし、ルータR2がルートをEIGRPに再配布したとき、eigrpの無限大(到達不能)のシードメトリックを使用したため、ルータR3は新しいルートを学習しませんでした。 その結果、これらのルートはルータR3にアドバタイズされませんでした。

この問題を解決するには、eigrpに再配布されるルートにメトリックを割り当てる必要があります。 ルーティングプロトコルに再配布されるルートにデフォルト以外のメトリックを割り当てるには、主に3つの方法があります。

  1. 特定のルーティングプロトコルに再配布されるすべてのルーティングプロトコルのデフォルトのメトリックを設定します。
  2. redistributeコマンドの一部としてメトリックを設定します。
  3. ルートマップを使用してメトリックを設定します。

最初のオプションを説明するために、eigrpに再配布されるすべてのルートに割り当てるメトリックを設定しましょう。

上記の例では、eigrpに再配布されるルートに割り当てられているメトリックの各コンポーネントを示すために、状況依存ヘルプを使用しました。 ただし、最後のコマンドはdefault-metric1000000 1 255 1 1500でした。 OSPFのデフォルトメトリックを設定している場合は、default-metric30などのコマンドを使用して、ospfに再配布されるルートに30のOSPFコストを割り当てることがで ただし、この例では、EIGRPのデフォルトメトリックのみを指定しました。 次に、ルータR3のIPルーティングテーブルをチェックして、OSPFルートがEIGRPに正常にアドバタイズされたかどうかを確認しましょう。

成功! ルータR3はOSPF ASで発生するルートを学習しました。 これらのルートのそれぞれにEGRPコードが表示されているため、ルートはもともとEIGRPの外部から来たことがわかります。

再配布されたルートにメトリックを設定するための第二のオプションは、redistributeコマンドの一部としてメトリックを割り当てることでした。 このアプローチを説明するために、ルータR2から以前のdefault-metricおよびredistributeコマンドを削除し、割り当てるメトリックを指定するredistributeコマンドを入力します。

ルータR3を再訪すると、以前と同じ結果が得られます:

再配布されたルートにメトリックを設定するための3番目のオプションは、ルートマップを使用することでした。 ルートマップは非常に強力で、さまざまな構成に使用できます。 基本的に、それらは特定のトラフィックを一致させ、そのトラフィックのための一つ以上のパラメータ(例えば、ネクストホップIPアドレス)を設定 しかし、私たちの文脈では、route-mapを使用してメトリック値を指定し、route-mapをredistributeコマンドに適用します。 次の例は、以前のredistributeコマンドをルータR2から削除し、ルートマップを作成し、ルートマップを参照する新しいredistributeコマンドを入力する方法を示しています:

上記の例では、既存のredistributeコマンドを削除した後、SET-METRIC-DEMOという名前のルートマップを作成しました。 これは非常に基本的なルートマップであり、交通量と一致する必要はありませんでした。 これは単にメトリックを設定するために使用されました。 しかし、今後のブログ記事では、ルートマップを使用してルートの再配布をより詳細に制御できることがわかります。 現在の例では、route-mapが新しいredistributeコマンドに適用されました。 ここでも、これは私たちにルータR3のIPルーティングテーブルの観点から同じ結果を与えます:

OSPF E1Vs.E2ルート

ルート再配布シリーズのこの最初のブログ記事をまとめる前に、ルータR1のIPルーティングテーブルをもう一度調べてみましょう:

OSPFに再配布されるルートのそれぞれがe2コードのルータR1のIPルーティングテーブルで現われることに注目して下さい。 ただし、e1コードを持つオプションもあり、どちらもルートがルータのOSPF ASの外部から発信されたことを示しています。 では、これら2つのコードの違いは何ですか?

e2のコードは、ルートが再配布を実行するルータによって割り当てられたメトリックを運ぶことを示します。 これはasbrに戻るために交差しなければならないと同時にospf内の付加的なルータがasbrがそれを再配布したときにあったようにメトリックは同じとどまることを意味します。 OSPFにルートを再配布する場合、デフォルトでは、これらのルートはこれらの外部タイプ2(E2)ルートです。

E1のコードは、ルートのメトリックがASBRによって割り当てられた元のコストとASBRに到達するために必要なコストで構成されていることを示します。 これは、E1ルートが一般的により正確であり、実際にはそうであることを示唆しています。 ただし、e1のコードを持つことは、ルータR1がASBR(つまりR2)に到達するための1つのパスしか持たず、EIGRPルートがOSPF ASに注入される唯一の方法(つまり、ルータR2を介して)があるような単純なトポロジでは利点を提供しません。E2ルートの代わりにE1ルートをOSPFに再配布する場合は、redistributeコマンドを使用して実行できます。 次の例では、ルータR2のOSPFルーティングプロセスの既存のredistributeコマンドを削除し、再配布されたルートに外部タイプ1(E1)メトリックを適用するように指定してredistributeコマンドを再適用します。

ルータR1のIPルーティングテーブルをチェックして、ルータR2で発行されたこの新しいredistributeコマンドに基づいて変更されたかどうかを確認しましょう。

上記の出力では、OSPFに再配布されるルートのデフォルトコードE2ではなく、E1のコードがあることに注意してください。 また、これにより、これらのルートのメトリックが少し高くなることに注意してください。 具体的には、ルータR2は、OSPFのシードメトリック20を使用して、EIGRP学習ルートをOSPFに再配布しました。 ただし、ルータR1からルータR2に到達するためのOSPFコストは1です。 したがって、再配布されたルートはE1ルートとして構成されていたため、ルータR1の観点から見たこれらのルートのコストは、ルータR1によって最初に割

概要

このブログ記事では、ルートの再配布の必要性を考慮し、基本的な構成を見てみました。 ルートの再配布を実行する際にルーティングプロトコルのシードメトリック(無限大の可能性があります)の影響について議論し、再配布されたルートにメトリクスを管理的に割り当てる3つの方法を見ました。 最後に、OSPFの外部タイプ1(E1)ルートと外部タイプ2(E2)ルートを対比しました。 今後のブログ記事では、このトポロジを構築し、再配布されるルートを選択的にフィルタリングする方法を検討します。 次に、さらに別のブログ記事では、2つの自律システム間の複数の再分配ポイントを持つトポロジを取り巻く設計上の問題について検討します。

ルート再配布の世界を初めて垣間見ることができたことを願っています。 あなたがした場合は、他の人とこの記事を共有することによって、単語を広める助けてくださ 共有できるリンクは次のとおりです:

https://www.kwtrain.com/blog/route-redistribution-part-1

次回まで,

Kevin Wallace,Cciex2(R/Sとコラボレーション) #7945

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。