ラーメンで生き残っている大学生についてのその行?

—冷蔵庫には何もありませんでした。 パストラミも卵もない 昼食のためにパックするものは何も、その日食べるものは何もありません。 南フロリダ大学の先輩であるNathalie Mompremierは、彼女のバックパックをジッパーで締め、薬学の技術者として彼女の仕事に行きました。 彼女の袋は彼女が彼女の貸付け金を使った事と満ちていた:教科書、コースのリスト、彼女のアパートへの賃貸借契約。 彼女は彼女の胃がどのように空っぽに感じたか考えないようにしました。

無料の昼食プログラムは、長い間K-12教育の定番であり、学生が食べるのに十分でないときに学校に集中することはできないという広範な、頭のうなずくコンセンサスを持っていました。 いくつかの学校、特に低所得地域からのものは、一日三食を学生に提供しています。

広告

しかし、これらの学生がフロリダの大学に行くと、彼らの多くは法外な費用を負担し、初めて経済的自立を経験します—すべての無料の食 そして、学生はまだ空腹です。

フロリダ大学システム全体の何千人もの学生が「食糧不安」を経験しており、連邦農務省は、毎日3食を食べる余裕がないため、十分な食糧を食べ

Tampa Bay Timesに提供されたデータによると、食糧不安に苦しんでいる学生は、USF、フロリダ大学、フロリダ州立大学、セントラルフロリダ大学の特別センターに2015年に16,000人以上の訪問を記録した。

USFは、他の問題について学生に相談するスタッフが、食べ物についてのコメントについてどのくらいの頻度で行っているかを認識した後、昨年秋に”Feed-A-Bull Food Pantry”を開

「学生は、その週に食べ物のためにお金がない、またはローンがなくなった、または次の給料が得られなかったために学期の終わりにそれを作るのに十分

200人以上の学生が、秋と春の学期に510回USFのフード—パントリーを訪れました。 主にFeeding Americaのcampus chapterからのボランティアによってスタッフが配置されているパントリーは、食料品を拾う必要のある学生を可能にします。 マグロの魚、ピーナッツバター、パスタ、スープを考えてみてください。

広告

昨年、パントリーは約6,000ポンドの食料を配布しました。 訪問者のほぼ80パーセントは学部学生でした。

「食料品は思ったよりも高価だった」と、助成金、融資、最低賃金の仕事を通じて学校のために自分自身を支払う第一世代の大学生、22歳のMompremierは言う。 “私は食べ物にすべての私の給料を費やしていた、と私はまだ追いつくことができませんでした。”

テンプル大学の高等教育政策と社会学の教授であるサラ-ゴールドリック-ラブは、大学でラーメンを食べることについての固定観念は、キャンパス内の本当の飢餓問題を覆い隠し、政策の盲点を作り出したと述べた。

“大学は、中退の危険にさらされている子供たちを助けるために、これらすべてのことを行います”と彼女は言いました。 “彼らは成績を見て、クラスを逃しましたが、彼らは食べるのに十分な食べ物や夜に寝る場所があるかどうかを尋ねることはありません。”

一部の学生にとっては、ラーメンを食べることが選択かもしれません。 しかし、他の人にとっては、それがすべてです、Goldrick-Rabは言いました。 そして、多くのいわゆる”典型的な”大学生は、教科書、生活費、授業料とともに食糧の予算に常に苦労してきましたが、”新しい普通の”大学生は、キャンパス内の食

彼らはクレジットカードの請求書が両親に行く18歳ではなく、第一世代の学生、働く学生、一人の両親が教室に戻っています。

“過去には、これらは大学に行っていないだろう学生です。 しかし、彼らは今どこにも行くことがありません。 仕事はありません”と、南フロリダで彼女の仕事の一部を集中させてきたGoldrick-Rabは語った。 “私はマイアミのコミュニティカレッジの学生が彼らが寝ていた歩道を降りてクラスに入るのを見てきました。 人々は学校に行く余裕が極端なのすべての種類に行くされています。”

Goldrick-Rabは、連邦政府の無料昼食プログラムをK-12から大学に拡大する提案に取り組んでいます。 彼女は、それが全体的な連邦高等教育予算と比較して”バケツの低下”と呼んで、$1.4億の費用がかかると推定しています。

その間に、フロリダ州全域でますます多くの大学が、そうでなければ行かない学生を養うためのプログラムを作成しています。 フロリダ大学は昨年の夏にパントリーをオープンしました。 Ufキャンパスフードプログラム「Field and Fork」のディレクターであるAnna Prizziaは、学校がニーズ評価を行い、学生の約10%がキャンパスでの時間中に食糧不安を経験したと述

「私たちは、良い教育を受けることと、私たちの学生のための方程式から健康的な食事を食べることの間の選択を取ることが重要だと思った」と彼女は言

2015年には、全米の4,000の大学のうち約300の大学が、学生を養うためのUSFパントリーのようなプログラムを持っていました。 セントラルフロリダ大学が2009年に”Knights Pantry”をオープンしたとき、それは国の最初の五つの一つであるように見えた、学生組合のディレクターリック-ファルコは言

広告

パントリーはファルコのリーダーシップクラスのプロジェクトとして生まれました。 彼らが最初に店を設立したとき、パントリーに100缶以上の缶があったとき、クラスメートが食べ物を与えるのに苦労していたことに懐疑的な学生もいました。

“しかし、あなたが入って来て、自分の車の外に住んでいることについての彼らの物語を伝える最初の一人か二人の学生を取得し、彼らは自分の本を購

UCFのパントリーは現在、小さな店を模した自立型の施設ですが、すべてが無料です。 ジェシカ-ロバーツ、19歳のジュニアは、パントリーの学生マネージャーです。 しかし、彼女はまた、顧客でなければなりませんでした。

「個人的には食料がないからパントリーを使ったことがある。 私はまた、財政的責任の多くを持っている、”心理学を勉強しているロバーツは言った。 “財政援助は、常に学校の第三または第四週まで支出していませんが、あなたはすでにあなたのクラス、あなたの本、あなたの生活費を支払わなければな”

の学生は、2015年に約12,000回のパントリー訪問を記録し、27,579ポンドの食べ物を持っていました。 フロリダ州立大学のものを含むすべてのパントリーは、食品ドライバー、寄付、コミュニティの食品銀行とのパートナーシップに依存しています。

彼らが直面している課題の一つは、新鮮な食材やその他の生鮮品を学生に提供することです。 USFは、作業冷蔵庫を必要としています。 学生ボランティアは地元のフードバンクに行き、通常は農場から、または食料品店から残され、すぐに期限切れになる果物、野菜、パンを拾います。

広告

生鮮食品へのアクセスを拡大することは、来年のUSFのウィッシュリストでナンバーワンであると、ウェルネス教育部門の管理栄養士であり、パントリーの創設者の一人であるケイティ・ジョーンズ氏は述べている。 ジョーンズはまた、学生は、彼らがパントリーから得るものを最大限に活用するために一緒にレシピカードを入れたいと考えています。 そして、彼女とモーガン、学生アウトリーチマネージャーの両方が、キャンパスで言葉を広めることは、次の学年より大きな作品である必要があることを認め

「私はそれを必要とする多くの学生がそれを利用しているとは思わないが、それは私たちの最初の年だ」とジョーンズは言った。

彼らが直面した最大のハードル? モーガンは、食糧不安が実際に何であるかについての教育を提供するだけだと述べた。

「一日一食しか食べないのは普通じゃない。 カップルのクラッカーやリンゴだけを消費するのは普通ではありません”と彼女は言いました。 “そして、私は多くの学生が”ああ、私よりもそれを必要とする私よりも悪い人がいる”ので、サービスを使用したくないと思うし、彼らは実際に彼らがその必要 それは彼らです。”

リサ-ガートナーに連絡してください[email protected]@lisagartnerに従ってください。

通知を購読する通知から購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。