ポーランドの炭鉱でのCovid-19の流行は、苦労しているセクター

コロナウイルスのパンデミックにより、ポーランドの病んでいる炭鉱セクターが膝をついた。

シレジア南部地域の鉱夫の間でCovid-19が発生したのは、需要の減少、競争の激化、累積的な財政的損失に苦しんでいる業界の最新の惨劇である。

ポーランド全土で16,900件以上のコロナウイルスの症例が報告されている。 政府によると、シレジアの鉱業地域では、約4,000例の感染が最も多く、そのうち1,450例が鉱夫とその家族の一員であった。

セクターは現在、労働者を保護するのに十分なことをしていないという批判に直面している。

ポーランドのシュカシュ-スモフスキ保健相は、シレジアの炭鉱がウイルスのホットスポットとなり、鉱夫の大量検査が進行中であると述べた。

“すべてのシレジアに問題があるわけではありません。 私たちが鉱山を引くと、水平方向の伝達はあまりありません”と彼は言いました。

ポーランド最大の石炭会社である国営のPolska Grupa Górnicza(PGG)は、発生のために早くも5月17日まで、8つの鉱山のうち3つの鉱山での活動を停止させられた。

コメント:石油事故後、化石燃料生産の管理された風下が必要

国有資産大臣Jacek Sasinは、より多くの鉱山がウイルスを収容するために一時的な閉鎖に直面する可能性があるとポーランドのラジオに語った。

ワルシャワに拠点を置くシンクタンクPolityka Insightのシニア-エネルギー-アナリスト、Robert Tomaszewski氏は、活動の停止により、市場が飽和しているときにポーランドの生産を削減することができたと述べた。

ポーランドの石炭の生産は過去数十年で減少しており、ロシアやコロンビアからの安価な輸入石炭と競争することはできません。

太陽光や洋上風力への投資も、エネルギーミックスにおける石炭のシェアが昨年史上最低レベルに低下し、発電量の74%を占めています。

電力会社が費用対効果の高い代替案を選択しているため、ポーランドの硬質石炭は大量の埋蔵量に蓄積されている。 ポーランドの産業開発局のデータによると、月の終わりには、7.6万トンが鉱山によって保管されていました。

あなたの受信トレイに気候ニュース?

穏やかな冬とコロナウイルスによる景気減速により、石炭需要はさらに落ち込んだ。

「市場には石炭が多すぎるため、Covid-19は生産を減らし、エネルギー部門全体の変革を支援する機会を創出する」とTomaszewski氏はClimate Home Newsに語った。

ポーランドの石炭鉱業部門の減少は「不可逆的」だ、と彼は付け加えた。 “それは非常にすぐに起こるつもりはないが、それは起こるだろう。 風が変わり、再生可能エネルギーを支持して非常に吹いています。”

数週間の激しい交渉の後、PGGの労働組合は、鉱山労働者の仕事を減らし、月の月の20%を支払うことに合意し、会社が政府の支援を請求できるようにした。

連帯労働組合は政府に対し、国家の援助がなければ産業は崩壊するだろうと警告した。

政府は6月末までに石炭鉱業部門の計画を発表することを約束した–Tomaszewskiは、組合が弱体化した時に部門を再構築する「驚異的な」機会になる可能性があ

コロナウイルスの封鎖により、インドの石炭から太陽光発電への移行が加速している

しかし、タイムテーブルは現在進行中の大統領選

政府は、ウイルスの拡散を阻止するための措置にもかかわらず、5月10日に予定されていた選挙を郵便投票で進めることを望んでいたが、投票の5日前に投票が中止された。 新しい選挙日は現在、月の終わりと月の中旬の間に期待されています。

再選を求めているAndrzej Duda大統領は、与党の右翼法正義党(PiS)の同盟国であり、石炭は2030年までに国の電力の60%を供給していると見ている。 ポーランドは、2050年までにカーボンニュートラルを達成するためにEU全体の目標を支持していません。

鉱夫は伝統的にPiSを支持しており、アナリストは選挙前に党がセクターの減少計画を発表するとは信じていない。 代わりに、PiSは”リストラ”措置を発表する可能性が高くなります。

これは、閉鎖する損失で動作しているいくつかのハード炭鉱のためのウィンドウを開き、WWFポーランドの気候-エネルギー政策担当者、マルタAnczewskaは、政府が”企業

ワルシャワに拠点を置くフォーラムEnergiiのアナリスト、Aleksandra Gawlikowska-Fykは、石炭鉱業部門の脆弱性にもかかわらず、”ポーランドの国内石炭からの電力供給に強い意欲がある”と警告した。 それはエネルギー安全保障の問題として認識されています。”

それでも、彼女はパンデミックが電力部門の多様化を計画する緊急の必要性のために別の”警告信号”を作り出したと主張した。 「私たちは収益性の高い鉱山を維持し、セクターの最適化に集中する必要があります」と彼女は言いました。

ポーランド政府は国内の炭鉱の見通しを繰り返し過大評価している。 ポーランドの石炭産業について広く書かれたポーランドのジャーナリスト、Wojciechkoşは、生産は全体的な石炭消費よりもはるかに速く減少していると述べた。

2004年、政府は今年最大89万トンの石炭を生産すると予測している。 しかし、2019年の国内生産量は6200万トンを下回った。

「国内の石炭生産は、政府が予想しているよりも速く低下し、今後数年間で本当に速く戻ってくるだろう」とKoş氏は述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。