ペンシルベニア州の無謀な運転を構成するものは何ですか?

無謀な運転高速道路を運転していたことがありますか?高速道路で、車両がリアビューミラーに突然現れ、交通の出入りをして、ほこりの雲の中であなたを過ぎて圧縮したことはありませんか? もしそうなら、あなたはおそらく事故を避けて幸運を感じ、警察官が近くにいたことを望んだでしょう。 あなたが目撃したことは、無謀な運転の明白なケースのように見えたかもしれませんが、真実は、その特定の犯罪の定義は、それがあるべきほど明確では ペンシルベニア州は、特定の違反をフィッティングするのではなく、意図や心の状態の犯罪を無謀に運転してきました。

運転中に事故に遭うと、無謀な運転料金が発生する可能性がありますが、必ずしもそうではありません。 無謀な運転や不注意な運転は刑法の要素であるため、テキストメッセージや運転、影響下での運転など、追加の不正行為の重要な証拠が必要です。 料金は、特にそのような速すぎる運転や交通法を破るなどのアクションに対処していません: 代わりに、無謀な運転は、個人が他の人や財産の安全のために故意または理不尽な無視で自分の車を運転するときに”発生すると言います。”

あなたが無謀な運転で起訴されているなら、この意図に焦点を当てることはあなたの利益のために働くことができます。 意図は証明するのが非常に難しいことです。 それは完全に主観的であり、解釈に開放されています。 検察官ができる最善のことは、彼らが彼らの車を運転していたときに運転手の心にあったものを推測しようとすることであり、熟練した経験豊富な これらの料金の有罪判決は、より高い保険料、高い罰金、さらには運転免許証のサスペンションにつながる運転ポイントを含む重要な負の結果を持

私たちは、あなたがこれらの電荷の複雑さをナビゲートし、あなたの視点から何が起こったかを説明する説得力のある物語を伝えることができます。 私たちの法律事務所はあなたに声を与え、ペンシルベニア州の無謀な運転料金が付属して罰則からあなたを保護します。 私達がいかにの助けてもいいかより多くの情報のために任命をセットアップするために私達に今日連絡して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。