パーキンソン病の患者の運動サブタイプは時間の経過とともに変化する可能性がある

ワシントンDC—アメリカ神経学会の第67回年次総会で発表された研究によると、パーキンソン病患者の運動サブタイプの分類は時間の経過とともに変化する可能性がある。 患者は、主に振戦優位の分類から、姿勢の不安定性、歩行困難、および剛性によって特徴付けられる分類に移行する。 シフトは、歩行およびバランススコアの着実な増加によって駆動され、振戦スコアは疾患が進行するにつれて安定したままである。

Friedrich Rainer von Coelln,Dr.med. ボルチモアのメリーランド大学医学部の神経学助教授らは、メリーランド州パーキンソン病と運動障害センターの自然主義的なデータベースを用いて、1,185人の患者の運動サブタイプ分類を決定した。 研究者は、データベースに含めることに同意した患者が診療所に来るたびに、アンケートと臨床スケールを通じてデータを収集しました。 研究者は、それぞれJankovic、Schiess、Eggersによって出版された三つのモーターサブタイプ分類アルゴリズムを適用しました。 各アルゴリズムはサブタイプを別々に計算しますが、三つのアルゴリズムはすべて統一されたパーキンソン病評価尺度項目と同様の運動サブタイ

フリードリヒ-ライナー-フォン-コールンメッド博士

運動サブタイプを決定するアルゴリズム
1990年にJankovicによって定義された二つの運動サブタイプ—振戦優性タイプと姿勢不安定性/歩行困難(PIGD)タイプ-は、主要なパーキンソン病の運動サブタイプとして、その後の多くの研究で使用されている、博士.von Coellnは述べています。 「いくつかの代替アルゴリズムが提案されており、特に2000年にSchiessらによって、また2011年にEggers博士によって提案されています。 これらの両方は、同様に振戦優性サブタイプを定義し、jankovicと共著者によって定義されたPIGDサブタイプにやや似たakinetic-rigidサブタイプを定義しました。”振戦優性およびPIGD/ARサブタイプに加えて、各アルゴリズムには混合または不確定なサブタイプも含まれています。

von Coellnらは、1,185人の患者の連続した断面解析を行い、疾患期間の五年間隔における運動サブタイプの頻度を決定した。 サブタイプの頻度は,ほぼ同一のサブタイプラベルにもかかわらず,三つのアルゴリズムの間で大きく変化した。

3つのアルゴリズムすべてで、断面解析では、疾患期間とともに振戦優位の頻度が著しく低下し、PIGD/ARの頻度が増加した。 診断から15年以上の患者と診断から15年未満の患者とを比較すると、振戦優性サブタイプを有する患者の割合は、疾患の初期の7%から44%に2%から7%に減少した。

PIGD/ARサブタイプを有する患者の割合は、疾患の早期に46%から69%に、診断後15年以上で80%から91%に変化した。

縦断分析の結果
研究者らはまた、178人の患者の縦断分析を行い、診断後5年以内と少なくとも5年後のフォローアップ時に患者の運動サブタイプを比較した。 分析では、振戦優性患者の15%から38%が混合サブタイプにシフトし、振戦優性患者の46%から50%がPIGD/ARサブタイプにシフトし、振戦優性患者の64%から85%の全体的なシフトが少なくとも五年後のフォローアップで異なる運動サブタイプにシフトした。

限られたモーターサブタイプの忠実度を考慮する必要がある、と研究者は結論づけた。 「これらのサブタイプの経時的な安定性を理解することは、バイオマーカーと表現型の相関の調査を含む研究における価値を確立するために重要です」とvon Coelln博士は述べています。

—ジェイク-レマリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。