テキサス州の住宅建設責任法

broken pencil v2

2003年、テキサス州は、住宅所有者が建設上の欠陥のために請負業者に対して訴訟を起こす前に取らなければならない手順を支配する法律を このプロセスにより、ビルダーやその他の関係者は、住宅所有者が訴訟を起こす前にすぐに検査して修理する機会を与え、テキサス州欺瞞貿易慣行法の下で利用可能な消費者賞に制限を提供します。

請負業者は、住宅所有者が”合理的な申し出を拒否した”場合に損害を制限することを可能にするRCLAの規定を利用できるように、手順とタイムラインを プロップ コード№27.004(e))。 請負業者は、このセクションの下で、他の当事者の過失によって引き起こされた損害の割合について責任を負いませんので、これはまた、請負業者が責任を負う人を確認し、その当事者がプロセスに関与する機会を可能にします(Tex。 プロップ コード№27.003(a)(1))。 請負業者が下請業者に書面による通知を提供する場合、請負業者は、請求者との和解について”下請業者からの拠出権”を保持することができる(Tex. プロップ コード№27.004(p))。

建設上の欠陥とは何ですか?

一般に、住居の設計、建設または修理から生じる欠陥であり、その欠陥によって引き起こされる他の構造物または財産への物理的損傷を含む。

もともと、「建設欠陥」には2つの定義がありました–1つはRCLAの下で、もう1つはRcca(The Texas Residential Construction Commission Act,Tex. プロップ コード§ §401.001et seq.(歴史的なテキスト))。 RCCAは2009年に日没を許可され、もはや有効ではありません。

RCLA Texの下での定義。 プロップ Code27.001(4):

“新しい住居の設計、建設、または修理、既存の住居の変更、修理または追加、または居住地への追加に関する事項であり、契約者に対して苦情がある。 この用語には、建築上の欠陥によって引き起こされた居住地、居住地、または居住地および居住地が近接して固定されている不動産への物理的損傷が含”

通知、申し出、修理のためのタイムライン

この法律は、当事者が従うための詳細な期限を提供しています。 他の要件があるため、請負業者は、すべての期限と要件が満たされていることを確認するために、建設法の経験を持つ弁護士に依存しなければなりま

すべての書面による通知は、証明された郵便でなければならず、領収書の返却が要求されます。 請求者が申し出を拒否した場合、請負業者は、裁判所または仲裁人Texに提出された宣誓供述書でその事実を証明しなければなりません。 プロップ コード№27.004(j)。

chart for blog v6

“時効の満了を防ぐために”アクションを開始する必要がある場合、またはRCLAに基づく苦情が反訴である場合、アクションはrclaの遵守を許 その場合、検査はサービスの後75日目までに行われ、サービスの後60日目までに提供されます(Tex。 プロップ コード№27.004(c))。

概要

住宅建設欠陥の請求に直面しているゼネコンは、RCLAプロセスをナビゲートするための支援のために、直ちに保険会社と弁護士に連絡する必要があ 保険会社および弁護士は、下請け業者、エンジニア、住宅保証会社を含む、責任を負う可能性のあるすべての当事者に必要な書面による通知を提供する

RCLAを理解する助けが必要ですか? 私たちの契約審査の専門家は、私たちの商業保険のクライアントにガイダンスを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。