サンノゼ&サンタクララ郡遺言検認&信託不動産の専門家

ページ内容

信託の作成者が死ぬ前に、不動産のタイトルが信託に転送または資金を供給されないとどうなりますか? カリフォルニア州検認コード850は、Heggstad請願書としても知られているオプションがあります。

遺言検認裁判所で遺言検認手続を開始する必要がありますか?

カリフォルニア州信託文書が作成されると、作成者は信託資産であることを意図した資産で信託に資金を供給する必要があります。

これにより、信託は不動産の所有権を保持し、個人財産の所有権は信託の名前で保持されます。

生きている信託を設定し、資産との信託に資金を供給することは、コストと時間のかかる検認を回避し、保全を確立する必要性を回避することがで

信託は、資産に対する税金を回避するのに役立ちます

不動産税と贈与税の免除が変更されたときに、誰かが彼らの信頼の変更を必要とするかもしれません。

被相続人が生きている間、財産にタイトルを変更せず、財産が信託に譲渡されない場合、後継受託者には選択肢があります。

相続財産が信託に譲渡される前に死亡した被相続人は、後継受託者が個人財産を譲渡したり、不動産を譲渡したり、伝えたりするために、上級裁判所との検認手続を開始しなければならないことを意味するものではありません。

タイトル譲渡証書不動産へのタイトルが信託に譲渡されない理由はたくさんあります。 その理由は次のとおりです:

  • 借り換え時に不動産を信託から削除するのが一般的であり、信託に戻されることはありません。
  • 信頼の創造者は忘れてしまった。
  • 彼らはタイトルが信頼に変更される必要があることを知りませんでした。 私は知らなかったいくつかのクライアントを持っていた!
  • 人はタイトルが変更される前に死亡した。

信託の作成者が能力を持っていないか死亡した場合、後継受託者が信託管理を引き継ぎます。

カリフォルニア州検認コードセクション850は、Heggstad請願書としても知られており、特定の条件の下で、不動産または個人財産の所有権を信託に移転するこ

信託の作成者が死亡した時点で不動産の所有権が信託所有権にない場合、個人代理人または利害関係者は、不動産を信託資産と宣言するよう裁判所に請願することができる。

遺言検認コードセクション850に基づき、信託の成功受託者または利害関係者は、次の場合にカリフォルニア州で請願書を提出することができます:

(A)受託者が不動産または個人の財産を所有または所有しており、財産または何らかの利益が別のものに属していると主張されている場合。

(B)受託者が、他の者が保有する不動産または個人の財産、権原または所有権に対する請求を有する場合。

(C)信託の財産が信託の決済者の債権者の対象となると主張されている場合。

裁判所に請願書を提出することは、不動産を信託資産と宣言する命令を検認裁判所に要求するために使用されるプロセスです。

これは、遺言検認手続を避けるために信託管理で使用される技術です。

私は、信託の作成者が死亡した後、信託が売却する必要がある不動産の所有権を保持していなかったため、後継受託者がカリフォルニア州でHeggstad嘆願書を提出しなければならなかった回数のカウントを失ってしまった。

カリフォルニア州でヘグスタッド請願書を提出

記入する法的フォームはありません。 請願書は、それが主張を根拠とし、含まれている事実を説明しなければなりません:

ヘグスタッド請願

850請願判例法

  • 信託に含まれる資産の説明
  • 信託文書のコピー
  • すべての受益者と故人に関する情報
  • 故人が信託に資産を含めることを意図していることを証明する文書
  • 裁判所に要求された救済案

請願書が提出され、問題が公聴会に予定されている。日付。

すべての利害関係者に30日間の通知をしなければならない。

ヘグスタッド請願書のタイムラインは、郡と弁護士費用によって異なります。

カリフォルニア州には、弁護士が郡の上級裁判所に請願書を提出するための法的文書を準備するという法的要件はありません。

カリフォルニア州の検認を専門とする弁護士に相談することは常に賢明です。

遺言検認および信託弁護士

多くの信託および不動産弁護士のための遺言検認には、不動産計画、不動産管理、信託訴訟、不動産訴訟、長老法、遺言検認

不動産計画に関する法的ヘルプライセンスされた弁護士のみがカリフォルニア州の法的助言を与えることができます。

カリフォルニア州の不動産および信託の弁護士は、金融委任状、信託譲渡証書、財産請願書、ヘグスタッド請願書などの法的文書を準備する方法を知

カリフォルニア州の検認は広いです。 カリフォルニア州には58の郡がある。 あなたが雇う信託不動産弁護士は、彼らが郡に記載されている地方裁判所の規則を知る必要がある法律を知る必要があるだけでなく、。 ローカルルールは、サンマテオ、サンフランシスコ、コントラコスタ、ロサンゼルス、ヨロ郡、または他の郡のいずれかと比較してサンタクララ郡で異なる場合があります。

サンタクララ郡のCalifornia Probate Code Section850の下でHeggstad請願書を提出するためにロサンゼルスの遺言検認弁護士を雇う場合、不動産弁護士は提出する前に地元の

一部の郡では、ヘグスタッド請願書を提出するために公式の検認事件を開く必要があります。

サンタクララ郡は、開所するために検認事件を必要としない。

人生のすべてのものと同様に、遺言検認裁判所が遺言検認コード850の下で要求を許可する保証はありません。 裁判所が請願書を許可した場合、それは高価で時間のかかる検認プロセスを回避します。

ヘグスタッド請願書の作成と提出には弁護士費用がかかります。 しかし、付与された場合、コストは完全な検認よりもはるかに少なくなります。

遺言検認裁判所がヘグスタッドの請願を拒否した場合、信託は完全な遺言検認プロセスを進めるための追加料金と費用に直面する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。