ウサギは毎日どのくらいの運動が必要ですか?

彼らの体はスピードのために構築されており、健康を維持するためには活発である必要があります。

ウサギはケージの外を走り回るために毎日少なくとも3時間を必要とします。 彼らはで遊ぶためにスペースの32平方フィートの最小値が必要です。 ウサギは家の中を走り回って非常に幸せであるので、外にいる必要はありません。 運動時間は、ウサギが自然に最も活発なときであるため、夜明けと夕暮れに提供する必要があります。

理想的には、ウサギは自由範囲に保たれ、家への無制限のアクセスを許可されるべきです。 これがあなたのために実用的でない場合は、あなたのウサギが十分な運動をしていることを確認する必要があります。 十分な自由を許可されていないウサギは、ストレス、うつ病、太りすぎになることができます。

ペットのウサギは運動が必要ですか?

国内のウサギは野生のヨーロッパのウサギの子孫です。 彼らは選択的に人間の周りに、そして彼らの様々なコートの色やパターンのために快適に飼育されています。

ウサギは、彼らが社交的で面白いし、ペットされて楽しむように偉大なペットを作ります。 しかし、多くの人々はウサギが多くの運動を必要とすることを認識していません。 彼らはほとんどの家庭用ペットよりも多くの自由と身体活動を必要としています。

野生のウサギは時速35マイルまでの速度に達することができ、毎日数マイルをカバーすることができます。 彼らは他のウサギを追いかけ、食べ物を採餌し、捕食者から逃げる時間を費やします。

もちろん、ペットのウサギは自分の食べ物を見つける必要はなく、危険を逃れる必要もありません。 しかし、彼らはまだ自然に運動する傾向があります。 彼らは高エネルギーの動物です。 ウサギが十分な運動をしなければ、それは肉体的および心理的な結果をもたらす可能性があります。 例えば:

  • 体重増加。 十分に運動しないウサギは肥満になることができます。 これは、心臓血管系および骨格系に負担をかける。 動物生理学と動物栄養のジャーナルによると、それは糖尿病につながるインスリン抵抗性を引き起こす可能性があります。
  • ウサギが退屈しているとき、それは不健康な方法で行動することができます。 例えば、それは禿げたパッチを作成し、自分自身をover-groomかもしれません。 それは、その歯を損傷し、そのケージのバーにかじることがあります。
  • 十分な運動を得ていないウサギは、通常、どちらか、十分な人間と交流していません。 これは、彼らが積極的または破壊的になることにつながる可能性があります。

ウサギのための運動要件

だから、運動はウサギのために不可欠です。 ウサギはどのくらいの運動が必要ですか? 一日中あなたのウサギをケージに入れておくことは選択肢ではありません。 小さいおりか箱24/7に制限されることは緊張に満ちている場合もある。

ウサギをケージやハッチに収容する場合は、毎日運動のためにそれを出さなければなりません。 最小の哺乳類でさえ、周囲を走るためには、囲いの外で時間を許す必要があります。 それはあなたのウサギの精神的および肉体的健康のために不可欠です。

ウサギは、1日に少なくとも3時間のハッチ外での運動を必要とする。 これは最小です。 あなたのウサギにこれより多くの時間を与えることができれば、あなたはすべきです。 一日あたり7-8時間は、より許容可能な数字です。

理想的には、ウサギは一日二回出すべきです。 ウサギは自然にcrepuscularであり、夜明けおよび薄暗がりで最も活動的であることを意味する。 それは野生のウサギのための最も安全な時間だからです。 太陽が空に低いとき、捕食者はより見やすくなります。

あなたのウサギを午前6-9時から運動のために外に出し、その後再び午後4-8時から外に出すことを目指してください。 一日の真ん中に、彼らはおそらく干し草でかじるために時折目を覚ます、眠っているでしょう。

あなたのウサギにあなたのスケジュールに従わせないでください。 午前6時は早いように見えるかもしれませんが、あなたはあなたのウサギの自然な概日リズムを尊重すべきです。

ほとんどのウサギは泳ぐことができますが、彼らは皆運動のために泳ぐのが好きではありません。 それはあなたが楽しむ活動だからといって、あなたのウサギをプールやバスタブに強制することはありません。 それは極端な衝撃を引き起こす可能性があります。

ウサギと過ごす時間

ケージやハッチの外にいるときは、一定の監督をする必要があります。 彼らは自分のデバイスに残されている場合、ウサギは危険に入ることができます。 ウサギは噛む、傷をつけ、掘る自然な傾向があります。 彼らの歯と爪は絶えず成長し、下に提出する必要があります。 彼らはまた、物事のオンとオフにジャンプし、周りのアイテムを投げる傾向があります。

ペットのウサギは運動が必要ですか?

あなただけのウサギを持っている場合は、また、一対一でそれらとの相互作用を毎日少なくとも2時間を費やす必要があります。 ウサギは社会的な生き物であり、それらを幸せに保つために他の動物と交流する必要があります。

ウサギにとって理想的な仲間は別のウサギです。 二匹のウサギは強い絆を確立し、一日中お互いの会社を維持します。 あなたが別のウサギを収容することができない場合は、あなたの分割されていない注意を払うように準備してください。 あなたはあなたのウサギと一緒に床に降りて、それで遊ぶ必要があります。

ウサギにはどれくらいのスペースが必要ですか?

多くの人々は、ウサギが必要とするどのくらいのスペースの非現実的なアイデアを持っています。 これはほとんどの商業的に販売されたウサギのおり、ペンおよび操業が家畜のウサギのために最初に設計されていたのである。

一方、国内のウサギは10年から14年生きる可能性があります。 あなたのウサギが長い間生きたいなら、あなたはそれに十分なスペースを与える必要があります。 標準以下の条件で保持されているウサギは、はるかに彼らの自然の寿命の前に死ぬ可能性があります。 あなたがペットのウサギを飼っているなら、あなたはその宿泊施設のためのいくつかのオプションがあります:

  • あなたのウサギに家の自由な手綱を与えてください。 ウサギはlitterboxの訓練を受けることができるので、多くの所有者はこのオプションを選択します。 あなたのウサギが監視されていないアクセス権を持っている場合は、ウサギの証拠の家にする必要があります。
  • 眠っている間は、ウサギを大きなウサギの校正ペンに入れてください。 その後、あなたが監督することができますが、日中にそれを聞かせてください。
  • ほとんどの場合、ウサギをケージやハッチに入れて、監督された運動のために出してください。 ほとんどのウサギは小さな、密閉されたスペースに閉じ込められている嫌いとして、これは、最悪の選択肢です。

ウサギは屋外では生きてはいけません。 屋外のウサギは家のウサギほど長く住んでいません。 彼らはしばしば捕食者、悪天候、極端な気温、または病気によって命が短くなっています。

ウサギの檻はどのくらいの大きさにすべきですか?

ウサギはケージや箱に住む必要はありません。 彼らが閉じ込められるのは不健康です。 理想的には、あなたが住んでいるあなたのウサギのために屋内で大きな、ウサギの校正ペンを設定する必要があります。 しかし、あなたがスペースを持っていない場合は、箱やケージを住みやすくする方法があります。

ウサギのケージまたはハッチは、最小12平方フィートの面積でなければなりません。 たとえば、長さ6フィート、幅2フィート、高さ2フィートにする必要があります。 あなたのウサギがより大きな品種であれば、より多くのスペースが必要な場合があります。

あなたのウサギは、ハッチ/ケージの一方の側から他方の側に4回ホップすることができるはずです。 箱の幅はあなたのウサギが十分に伸ばされてあることができるように十分べきである。 また、屋根に触れることなく後肢に立つことができるはずです。

ケージまたはハッチには、ウサギが眠っている間に安全に感じることができる覆われた部分もあるはずです。 あなたがしない場合は、少なくとも木製または段ボール箱を提供してください。

ウサギのペンはどのくらいの大きさにすべきですか?

ウサギの運動ペンの最小サイズは32平方フィートでなければなりません。 たとえば、6ft x6ftまたは8ft x4ftのワイヤランを使用できます。 あなたも、赤ちゃんのために設計された遊び場や部屋の仕切りを使用することができます。

ウサギのペンやランは、理想的にはトンネルやはしごを介してハッチに接続する必要があります。 そうすれば、あなたのウサギは昼も夜もいつでも外に出て運動することができます。 それはあなたがそれを出すのを待つ必要はありません。

あなたのウサギはまた、そのペンに住んでいるか、恒久的に実行することができます。 この場合、実行を大きくする必要があります。 それは覆われた睡眠区域、くず皿、食糧および水ボールのためのスペースを含む必要がある。 実行が屋外にある場合は、空中捕食者からあなたのウサギを保護するために屋根を持っている必要があります。

あなたのウサギのペンが十分に大きくない場合は、運動のためにそれを出す必要があります。 それは家、または裏庭の周りを歩き回ることができます。 どちらを選んでも、ペットのウサギを常に慎重に監督する必要があります。

ウサギを家の周りに走らせてもいいですか?

多くの所有者は、彼らのウサギに家の自由な手綱を持たせます。 家のウサギは、閉じ込められたウサギよりもはるかに幸せになる傾向があります。

ウサギは衛生的な動物であり、ごみの訓練を受けることができます。 彼らは一つの場所で彼らのトイレの活動を行うことを好む。 これは、野生では、どこにでも糞を残すことは、ウサギが近くにいることを捕食者に警告するからです。

ウサギのプルーフ家は赤ちゃんのプルーフのようなものです。 あなたのウサギの手の届くところにあるすべてのものが、調査して噛むことが安全であることを確認してください。 どの目的でも有害であることができれば高くまたは食器棚で保たれなければならない。

多くの所有者はウサギを一つの部屋に閉じ込めておく。 家全体よりも予備の部屋をウサギの証拠にする方が簡単です。 あなたのウサギは、あなたが定期的にそれと対話する限り、一つの部屋を持っているだけで大丈夫です。

ウサギはどのように遊ぶのが好きですか?

どうさぎ防ル

うさぎ防が重要な安全上の理由により、停止荷物から破壊されました。 ウサギのための部屋を安全にする方法は次のとおりです:

  • あなたのウサギの手の届かないところにすべてのケーブルとコードを保管してください。 彼らは根のそれらを思い出させるようにウサギは本能的に、ケーブルをかむでしょう。 プラスチック配管はコードを含まれている保つためによく働く。
  • すべての観葉植物や花瓶の花を取り除くか、手の届かないところにそれらを高く保つ。 多くの一般的な植物は、水仙、ヒヤシンス、虹彩を含むウサギに毒性があります。
  • 保護したい家具の前に金網、フェンシング、またはベビーゲートを置きます。 ウサギは木製の家具/ベースボードを噛むのが好きです。
  • ウサギにアクセスさせたくない領域をブロックします。 たとえば、ウサギは服の穴を噛むのが好きなので、クローゼットへのアクセスをブロックすることができます。 ウサギはまた、階段を落ちて自分自身を傷つけることができるので、上部と下部に赤ちゃんのゲートを配置します。
  • 高価なカーペットを短パイルで安価な敷物で覆う。 多くのウサギはカーペットを掘って噛むのが大好きです。
  • あなたのウサギの手の届くところには、噛んでほしくないものは決して残してはいけません。 服、洗濯、毛布、ラップトップ、バッグ、子供のおもちゃは、退屈なウサギのためのすべての公正なゲームです。

あなたのウサギにたくさんの干し草、噛むおもちゃ、そして対話するものを提供してください。 あなたのウサギにたくさんのことを与えることは、それらを幸せに保つための鍵です。 退屈な、不幸なウサギは、彼らが達することができるすべてを噛んで破壊します。

水のスプレーボトルは、ウサギの訓練のための便利な抑止力になります。 あなたのウサギが何かを噛んではいけない場合は、しっかりした”いいえ”と一緒に水の迅速なスプリッツを与えてください。”おもちゃのような受け入れられる何かでかむ時はいつでもそれらに賞賛の多くを与えなさい。

ウサギはどのように遊ぶのが好きですか?

ウサギは知的な生き物なので、精神的な刺激を与える必要があります。 彼らは走り回って楽しんでいますが、それは彼らがやりたいことすべてではありません。 彼らはまた、遊んだり、餌を与えたり、周囲を調査したりするのが好きです。 ここにウサギの練習装置のためのある考えはある:

  • 運動ホイール。 彼らは本質的にハムスターの車輪の特大バージョンです。
  • これらはあなたが中御馳走を隠すことができる空のプラスチックか木の球である。 ウサギは、おやつが落ちるように取得するためにそれらを周りにプッシュする必要があります。 レーズンのカップルは、インセンティブとしても動作します。
  • ウサギが十分に得ることができないように見えるトンネルについてのちょうど何かがあります。 彼らは最高速度でそれらを投げ捨てるのが大好きです。
  • ランプとプラットフォーム。 ウサギは物事にジャンプし、再び戻ってダウンが大好きです。 箱を積み重ね、それらに対して板を傾けることによってあなたのウサギのスペースのための高さを
  • 板紙箱作成しなさい。 ウサギは箱の中に隠れて、登って噛んで食べるのが大好きです。 これはまたあなたのウサギの歯をファイルするのに役立ちます。
  • ウサギは掘りと穴を掘るのが大好きです。 あなたはそれをよりエキサイティングにするために干し草全体のお菓子を非表示にすることができます。 あなたのウサギが新聞を食べさせてはいけない。
  • いくつかのウサギは、すべての家の周りに籐のボールを微調整し、追跡するのが大好きです。 彼らはまた、それらを噛むのが大好きです。

あなたはウサギのおもちゃにたくさんのお金を費やす必要はありません。 あなたが一緒に遊ぶためにあなたのウサギを与えるものは何でも、彼らはそれを楽しくし、運動を得る方法を見つけるでしょう。 ちょうどあなたがすべての回で密接にあなたのペットのウサギを監督することを確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。