アンデスの女王

世界最大のブロメリア種、プヤライモンディ(アンデスの女王)の一つではなく、二つの植物は、UC植物園でここに開花しています。 野生では、この珍しい植物種は、ペルーとボリビアのアンデス山脈の約12,000フィートで発見され、それが年齢の80-100年に達するまで花を咲かせません。 しかし、UCBGの訪問者は、これまでに旅行したり、二つの女王とそのそびえ立つ茎を見るためにそんなに長く待つ必要はありません。

なぜそんなに珍しく特別なのですか?

アンデス山脈の女王は、生息地の喪失と気候の変化が野生個体数を劇的に減少させたため、希少および絶滅危惧種に分類されています。 庭のPuya raimondiiは、NY植物園の植物学者によってボリビアで1990年に収集された種子から栽培されています。 これまで監禁で花を咲かせたアンデスの最初の女王は、1986年にUC植物園であった。 これら二つの植物の兄弟は2014年に庭で開花しました。 庭の園芸と保全の専門家は、これは植物の世界でユニークな光景を作り、飼育下で一度に二つの開花のことを聞いたことがありません。

保全の重要性

これらの特定の植物は開花後に死ぬでしょうが、私たちはここや世界中の他の植物園でより多くの植物を育てるために種子を収穫 野生のアンデス山脈の女王の唯一の三つの集団があります。 それらのほとんどは何千もの植物を持っていますが、その遺伝的多様性は非常に低く、気候の変化に敏感です。

“ブロメリアのことを聞いたことがないにしても、この珍しい園芸イベントを祝うために人々を庭に招待します。 二つの植物の設定は、ゴールデンゲートブリッジと古いバラの私たちの庭へのパノラマビューで、植物自体と同じくらい劇的です。 それは一生に一度の写真opです”と、庭園ディレクターのEric Siegel。 私たちは、あなたがすぐに女王を訪問することを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。