より多くの患者のためのBPHの処置を可能にするPVPレーザー

ニューオーリンズ-レーザーのphotoselective蒸発のprostatectomy(PVP)は新しい多国籍レポートに従って通常侵略的なプロシージャからそれらを除くcomorbiditiesを抱く多数の患者の拡大の配列のBPHのための外科的介入を許可している。

WongCo-著者カーソン-ウォン、MDは、ニューオーリンズでEndourologyとSWLの2013年世界会議で発表された論文は、研究における患者コホートの詳細な特性というベースライン報告書であったことをEndourological Society(CROES)の臨床研究室を代表してUrology Timesに語った。 患者はりん酸カリウム-チタニル(KTP)または三ほう酸リチウム(LBO)レーザーを用いて三つのパワーのいずれかでPVP(グリーンライト)を受けた。 PVPの転帰、有害事象、および関連する臨床所見に関する情報は、世界中の25のセンターから得られたデータを慎重に分析した後、後日発表される予定です。

“抗凝固療法を含む心臓および/または他の併存疾患を有するBPHに続発する下部尿路症状を有する患者を選択するための手順を提供することがで これらの患者の多くは、外科的介入から除外される可能性があります”と、オハイオ州ビーチウッドの大学病院Ahuja Medical Centerの泌尿器科のチーフであるWong博士は言 彼はまた、クリーブランドのParma Community General Hospital、Parma、OH and Southwest Urology、LLCの低侵襲およびロボット手術センターでのポジションを保持しています。

この報告書のベースラインデータによると、研究の713人の患者のうち370人(52.3%)が心臓病の病歴を有し、239人(33.7%)が手術時に抗凝固療法を受けていたことが示 患者の九〇から六(13.5%)は真性糖尿病を持っていたし、177(36.7%)は勃起不全のある程度を報告しました。

研究のCROES運営委員会のメンバーであるWongは、研究の臨床所見が発表されるまで、成果について詳細に話すことができなかったと述べた。 以前の出版物に基づいて、彼はレーザー技術が前立腺(TURP)の経尿道的切除、現在の金本位よりもいくつかの利点を提供したことに注意しました。 TURPと比較されて、レーザーのプロシージャは最低の出血を発生させ、hypotonic流動吸収の危険はまた最低です。 これらの特徴はプロシージャが外科介在に対して他では軽減する併存疾患の患者で行なわれるようにします。

CROES研究は、713の連続した患者で実施されたグリーンライトレーザー PVP手順から将来のデータを収集しました25April2010とApril2012の間に国際的にセンター. 男性は69.4歳の平均年齢を有し、使用されているレーザーのパワーに応じて三つのグループに分けられた:80-W、247人の患者;120-W、356人の患者;および180-W、110人の患者。

続きは次のページへ。

電源の選択は可用性に関連している可能性が高い

ウォン博士は、レーザーパワーの選択は必ずしも臨床的決定ではなく、特定の機関での特定のレーザー 80-W ktpレーザーは10年前に少し利用できるようになりました。 より強力な120-W HPSレーザーは2006年に登場し、180-W XPSレーザーは最新のモデルです。

「80-Wレーザーを使用している外科医は世界中に多くいますが、120-Wと180-Wのレーザーが最も普及しているという印象です」とWong博士は言いました。

CROESの報告書によると、この研究では120-W技術が最も一般的に使用されており、180-Wモデルは前立腺容積が高い患者に使用されています。

コホートの全体的な平均術前最大流量は8.2mL/sであり、ボイド後残留量の中央値は80mLであった。 国際前立腺症状スコアの中央値は21(重度)であり、生活の質スコアの中央値は4(主に不満)であった。

アメリカの医療システムは、研究のためのサポートを提供しました。UT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。