ゆっくり進行性難聴

ゆっくり進行性難聴とは何ですか?

成人では時間の経過とともにゆっくりと起こる感音難聴は、多くの症状が原因である可能性があります。 難聴のこのタイプの最も一般的な原因は、年齢に関連する難聴(presbycusis)またはノイズ誘発性難聴が含まれます。 内耳には有毛細胞と呼ばれる小さな感覚器官があります。 これらの細胞は、音信号を脳に送ることができる神経信号に変える役割を果たしています。 これらの細胞は、経時的な老化プロセスまたは過度のノイズ曝露の結果として損傷を受ける可能性がある。 同様に耳鳴りと呼ばれる関連する内部ノイズがあることができます。 聴力損失および他のどの準の条件の性質も定めるために医学の評価は行われるべきです。

評価プロセスとは何ですか?

耳鳴りの患者は、オージオグラムなどの検査に加えて、完全な耳の鼻と喉の評価を受けます。 MRIやCTなどのさらなる研究も注文することができます。

治療の選択肢

感音難聴の原因のほとんどは、手術や薬で直接治療することはできません。 重大な難聴を有する患者にとって、補聴器が最も効果的な治療法である。 補聴器は、耳鳴りの緩和にも非常に役立ちます。 一部の患者は、補聴器でさえ有用ではない両側に非常に深刻な難聴を持っています。 これらの患者は人工内耳の恩恵を受ける可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。