で生え際を後退を停止する方法のヒント17

典型的には、ヘアラインを後退させることは、男性型脱毛症、遺伝的状態の徴候であるが、必ずしもそうではない。 そして、この後退が遺伝的形質に関連している場合、治療することは容易ではありません。 20代後半や30代前半で初めて発生することが多いですが、17歳で発生することもあります。

問題はどのように発生し、発展しますか?

生え際を後退させると、寺院の両側から髪が失われます。 これは大人と高齢者では一般的ですが、10代の若者には一般的ではありません。

17歳の時のように早すぎる生え際を薄くすることは非常に面倒なことができます! それは通常無害ですが、あなたはそれが脱毛症につながる可能性があることを心配するかもしれませんが。 実際には、ヘアラインを後退するための治療を取るほとんどの人は、美容上の理由のために起因しています。

原因は様々です。 遺伝的形質が最も懸念されていますが、それだけではありません。 いくつかの薬の使用、栄養不良(食事要因)、病状、さらにはあなたの髪型などの他の要因も効果があるかもしれません。

しかし、何度も、ホルモンと遺伝は責任があります。 DHTと呼ばれる男性ホルモンへの過敏症が問題の主要な根本的な原因であることを考えました。

そして、それは同じ状態の家族で発生する可能性があります。 パターン脱毛症の家族(特に親、兄弟、または姉妹のような第1程度の親類)があれば、同じ条件の開発のより大きいチャンスにまたあります。

男性型脱毛症の男性では、毛包は頭皮におけるDHTの活性に対して遺伝的に過敏である。

知られていた理由なしで、DHTは毛の成長段階を短くし、すぐに縮まるために作ることができます! 時間外では、これは毛が付いている小胞の数の漸進的に減少と続きま、薄くなる毛また更には脱毛症(部分的か完全な脱毛症)を引き起こします。

進行するまでにどれくらいの時間がかかり、脱毛の原因は人によって異なります。 このセクションでは、後退するヘアラインが時間の経過とともにどのように進行するかの段階についても参照してください!

それを停止するには?

幸いなことに、問題は必ずしも男性型脱毛症の兆候ではありません。 それはまた、常にはげで終わるわけではありません。 対処のための沢山の選択(生活様式の手段および治療のアプローチ両方)がある。

実際、生え際を後退させることは無害です(男性型脱毛症にリンクしていても)。 治療は必ずしも必要ではなく、任意であり得る。 しかし、すべての男性にとって、特に脱毛症で終わる可能性があることを知っている場合は、簡単ではありません。 繰り返しますが、治療は通常、美容上の理由によるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。